ライ麦由来のプラセンタのメリットとは

ライ麦

「ヒトの胎盤から始まり、ウシ、ブタそして植物のプラセンタで私の研究は完結する」

 プラセンタとは、普通は胎盤のこと。
主にサプリメントなどでは、豚由来のものを使っています。

豚の胎盤、ちょっと抵抗のある人もいるかもしれません。

ドイツのプラセンタ研究の第一人者である博士が、ライ麦の中の胎座からプラセンタエキスを抽出するのに成功しました。
それが「穂のしずく」なのです。                抵抗なく飲める植物性。ライ麦由来。

副作用の心配が少ない。ホルモン未配合。

ホルモンフリーで安心。

 副作用が心配されるホルモンを含んでいないため、体内のホルモンバランスを損なう恐れもありません。
そればかりか、豚プラセンタに比べ、肝臓の働きを助けるアスパラギン酸が約5倍。腸管の健康を保つグルタミン酸は約8倍。バリン・ロイシンは約6〜8倍。免疫力を高め細胞を活性化するアルギニンは約5倍も含まれます。
ダイエットや記憶力に効果があると言われるヒスチジンにおいては、は豚プラセンタには含まれていません。
また、シスチンの美肌、美白効果も期待できます。


植物プラセンタ「穂のしずく」原材料

エゴマ油、ゼラチン、ライ麦エキス、酵母エキス、レッドクローバーエキス、グリセリン、ビタミンE、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル

食品として2〜5粒を水、またはぬるま湯と一緒にお召上がり下さい。

関連するブログエントリー口コミ情報

□24種類の美容原液コレクションが誕生しました‐ プラセンタ、コラーゲン、エラスチン、ケラチン、ヒアルロン酸、セラミド。美容原液として販売されているこれらの成分は、もともと肌本来が持つものですが、化粧品に使用されている成分は、動物由来、植物・作物由来、海由来、バイオ由来と、その原料の ... (d.hatena.ne.jp/skincare/20090407/1239062723)
□美肌・美人つくり講座(13)プラセンタって!?‐ 植物プラセンタって何? ヒトから始まった"プラセンタ"は牛(狂牛病で今は禁止)、豚…今や馬や羊、鮭なども出ていますね。 「カラダに優しく安全で、なおかつ効果があるものを!!」 植物にも種を守り、育てる"胎座"というものがあります。  (d.hatena.ne.jp/rurikyo/20080728#1217204739)
□モニ★プラ 植物性のプラセンタがあるん‐ を30%配合★無料モニター30名募集 ←参加中 植物性のプラセンタ。。。あるんですよ!プラセンタって胎盤から採取されるので 動物性しかないと思ってました 大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させた植物性プラセンタともいわれる 新成分「セラビオ」を (ameblo.jp/heartbeat0713/entry-10251866266.html)
□★豚インフルエンザと「穂のしずく」について。‐ 、1986年から長いこと研究を重ね、ライ麦プラセンタエキス抽出の特許を取得。現在の「 植物プラセンタ」 が生まれたのです。噂の植物プラセンタ、ただいま春のキャンペーン中 ドイツ北部で有機栽培、そして無農薬で育ったライ麦の 植物プラセンタ、穂のしずく には 「より安全で効果の (blogs.dion.ne.jp/kenkou55/archives/8326016.html)

穂のしずくでアンチエイジング

効果が高まるよう、様々な成分を配合しています。
若々しい肌をサポートする酵母エキス。
α-リノレン酸を多く含むエゴマ油で免疫力アップ。
大豆の10〜20倍以上の高吸収率イソフラボンが含まれているレッドクローバー。
抗酸化作用のあるビタミンEで若返り効果。
モニターの実に9割が変化を実感しています。


Copyright (c) 離煙パイプは失敗の少ない禁煙法 All rights reserved.